633nmの可視光線を照射させるコラーゲンマシン | 平塚の美容室 Yasuoka美容院

Topics

633nmの可視光線を照射させるコラーゲンマシン

633nmの可視光線を照射させるコラーゲンマシン

633nmの可視光線を照射させるコラーゲンマシン

全身に633nmの可視光線を照射する史上初、日本発の最新美容機器「コラーゲンマシン」。

この波長の可視光線が肌の真皮層まで届き、細胞を刺激し、コラーゲンの合成を促し、肌のターンオーバー速度を早めます。弱っていた真皮が整うことで、表皮も整いはじめ自然と肌に潤いやツヤがでてくるのです。個人差はありますが、照射の翌日には80%以上の方が、肌の変化があると感じています。

 

コラーゲンとは、皮膚・血管・歯などほとんどの組織に存在する繊維状のタンパク質です。細胞同士をつなぐ土台となるもので、身体を構成する全タンパク質の約30%以上を占めています。コラーゲンは私たちの身体に欠かせない大切なタンパク質のひとつで、皮膚組織では水分以外の70%以上を占めています。お肌の真皮が潤うことにより、肌に弾力が出ます。コラーゲンは、紫外線の影響や加齢によって数が減少していきます。コラーゲンの生成は25歳ぐらいから減少していきます。年齢とともに、新しいコラーゲンは作られにくくなり、古いコラーゲンが体内に残ってしまうようになります。

 

633nmの可視光線を照射させるコラーゲンマシン

エステティックコラーゲンランプからは、633nmの赤外線に近いピンク色の光が照射されます。この633nmの可視光線が、皮下のコラーゲンのを活性化させる役割をします。

 

継続して照射することにより、さらなるお肌の変化が期待できます。しわは、コラーゲン繊維の弾力が衰え、歪みがでて皮膚が委縮したためにできるものです。(上図ご参照)真皮でのコラーゲンの合成と分解のバランスをとる能力が「お肌」の健康、若さを決めると言っても過言ではありません。コラーゲンマシーンの放つ633nmを最大波長とする可視光線は、お肌を正常な状態へと導いてくれます。

 

633nmの可視光線を照射させるコラーゲンマシン

 

可視光線は、人間の目に見える光のことです。380nm前後の短い波長が紫外線。780nm前後の長い波長が赤外線になります。可視光線は、太陽や様々な照明機器から発せられている光で、近年様々な美容機器や医療機器に応用され使用されています。特に医療では「可視光線療法」という光を利用した治療法も確立されています。

 

633nmの可視光線を照射させるコラーゲンマシン

TOP